大仲直り大会

2018/07/06

1万人の目の前で繰り広げられる『中学生日記』

皆さまごきげんよう、トフィーです。ちょっと自ブログのアンチテーゼみたいな話をしたいと思います。先週のなつめさんの記事に引き続き(笑)

人間観察されるのって怖い

過去に出会った人の中で、人間観察において「自分以上だな」と思わされた方がいました。かつての同僚です。彼女は一見すると、少しのんびりした性格の人でした。しかし、ある日、彼女の鋭い観察眼を知ることになります。

それは少数の飲み会でのことです。雑談の流れから、自分達の部署の人間関係の話になりました。すると、彼女は、部署内の複雑な人間関係の機微について、事細かに話すのでした。

「あの2人は、部長の歓心を買おうと、内心で競い合ってますね」
「あの人はすごいプライド高くて、マウンティングもひどいのですが、ツボは抑えやすいですね」

こんな風に彼女が語るとき、彼女自身の感情に何の揺らぎも見えないのです。通常だと、人が自分の周りの人間について語るときは、その話者自身の感情が表に出るものです。例えば誰かが「あいつはできる、できない」と言っているとき、本人の驕り高ぶりが表情や声色から透けるものです。
しかし彼女の話しぶりから、そういった感情は読み取れないのでした。完全に隠しているのか、無いのか…。恐らく後者だと思っています。彼女は、まるで宇宙人が地球人を観察するかのように、ニュートラルに観察しているように見えました。別の生き物のことだから、本人の感情は刺激されない。淡々と周囲の行動を観察し、その心の動きを推測する…そんな風に見えました。
人間観察を得意とする人には今までにも会ってきたものですが、恐怖を覚えたのは初めてです。観察の鋭さもそうですが、彼女自身の感情の揺らぎが見えなかったことが、何より怖かったのです。

「一体、あなたに何の得があって、そこまで人間観察してるの?」

と、尋ねたくなりました。きっと、損得ではなく、もしかしたら好奇心ですらないのかもしれません。彼女の感覚器があまりにも敏感すぎて、周囲の情報を拾い上げてしまう。そんな風に見えたのです。

f:id:himojo_zemi:20170430163616j:plain


「自分の身を守りたい」「人間って面白い」という動機で人間観察をしている私とは、似ているようで非なる人でした。そして私が慄いたことにも、彼女は気付いたのでしょうね。最初は「この人、私と同種かも!」と思ってワクワクしながら聞いていた私も、心に恐怖が浮かび始めました。すると、自然に人間観察の話は終わったのでした。私の気持ちを察した彼女が自重したのかもしれません。決して表情や声色には出していないつもりだったのですが…。

人間観察をされるのが怖い理由

人間、誰にだって「周囲からこういう人間だと思われたい」という欲求があるものです。有能だと思われたい、個性的だと思われたい、モテると思われたい…こんな具合で。
そして、この、「◯◯と思われたい」という欲求が、その人の弱点でもあるのですよね。
誰かから「あなたは◯◯ですよね」と言われれば、とても喜んでしまうでしょう。だけど、その発言が、心から出た言葉ではなく、観察から「こう言われたいんだな」と思われたゆえの発言だとしたら…。
その発言者の意図を考え込んでしまいます。

人間観察してくる人達との付き合い方

「人間観察ゼミ」を謳っているやつが、こんなことを書いて良いのか…(笑)

人間観察を得意とする人達と付き合う上では、「取り繕わない」ことが一番だと思います。先述した彼女と私の共通点だったのは、「何かを取り繕っている人」に対して目が向きやすい、ということでした。

「この人、発言と行動が一致していないな」
「この人、とても強い言葉を使っているけど、その割に気が弱いな」

こういう違和感を覚えると、その矛盾の理由を解明したくて、つい観察してしまうのです。

反対に、自然体で取り繕っていない人に対しては、好意的な目を向けやすいです。取り繕わない、ということが、どれだけ難しいことか、よくわかっているから。

人間観察している・されている、ということを抜きにしても、自然体で振る舞える人というのは魅力的です。「マウンティング」なんて言葉が流行った点から見ても、「周囲より上でありたい」と虚栄心が膨らみがちな現代社会で、自然体で無理なく振る舞える人は、自分の軸をしっかり持っている人だと思います。

そんな素敵な人と友達になりたいなぁと思いつつ、マウンティングや虚栄心が渦巻く現場を見かけると、ジャーナリスト精神発揮して観察してしまう、悪い癖…。

自分の隠した本音を見透かされると思うと、確かに観察されるのは怖い(笑)でも観察する側としては、それだけ「人間に興味がある」「人間が好き」って事なんですよね。もちろん、いつも自然体な人は魅力的ですが、多面性があるというのもまた、奥が深くて魅力的だなと感じます。

【次回予告】
5月3日(水)はなつめの小ネタ更新です。

レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」を読んだ。ミステリ小説でありながら、社会の正と負の部分を鋭く抉り出していて、社会派ミステリとしも読める。それ以外にも、この小説では主人公の心理描写はほとんど書かれていない。また、主人公がどのような人物であり、どのような経歴を持ってるのかも、一切描かれていない。描かれているのは、主人公のフィリップ・マーロウが見た社会と現象だけである。もしくは、フィリップ・マーロウの目を通した社会の認識、見え方を提示してるだけにとどまっている。彼が何を考えて社会と向き合い、またその行動の倫理や道徳たるものは一切描かれていないが、彼の行動には一貫したものがある。それは何かはわからないが、無意識的に彼を動かさないわけにはいかない何かがある、というそれだけしかわからない。多くの小説に(特に近代小説に)は、事細かに心理描写やその人物の経歴が描かれていて、また、その帰結としてある行動が取られるということが小説で書かれる。つまり、Aという原因があったからBという結果を引き起こした、というように。しかしながら、このロング・グッドバイに関しては、Aという原因は描かれていない。結果としてのBという行為だけが描かれ、また、その行為に一貫したものがあり、そのおかけで、Aというものが薄々と分かってくる、そういう手法が取られている。Aという行為、Bという行為、Cという行為、それらの理由は提示されないが、一貫した何かがある、連関性のようなものがある、そういう手法を元に書かれている。また、キャッチャー・イン・ザ・ライの小説に似ているような気がした(個人的に)。

 

キャッチャー・イン・ザ・ライもまた、17歳のホールデンというフィルターを通した世界の認識・見え方だけを提示しているだけで、何が彼をそうさせたのかは描かれていない。あるのは、社会と現象だけである。ロング・グッドバイのフィリップ・マーロウは、社会と対峙し、キャッチャー・イン・ザ・ライのホールデンは、社会から逃げるという違いはあるが、小説の手法は同じであるような気がする(確信は持てないけど)。

 

まとまらないけど、まあ、自我を揺さぶる直接の理由を説明しなくとも、行為だけを書いて行けば、自我に何が起こったのか、理由が薄々と分かってくる、そういう小説の手法があるのだと感動した、それだけ。社会とはこうするべきである、こう向き合うべきである、それを求めるなら小説は向かない。あまりにも効率が悪すぎるし、それは、どっかの哲学書か学術書や自己啓発書やらに無駄なく、直接的に提示されてる。小説というのは、たった一つの事を伝えるために500ページもの紙を使って書いてるから、合理的な人には本当に向かない。水で1万倍に薄められた絵の具の原色を辿っていくような作業なんだよ。ただ、その一つ一つのヒントや仄めかしは「今現在」役に立つかもしれないし、「将来」役に立つものかもしれない、あるいは「過去」を鮮明にさせてくれるものかもしれない、無駄な作業のあとにそういう小さな発見をすることこそ、僕にとっての小説の醍醐味なんだけどね。

 

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)

  • 作者: レイモンド・チャンドラー,村上春樹
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/09/09
  • メディア: 文庫
  • 購入: 5人 クリック: 38回
  • この商品を含むブログ (53件) を見る
 

 ロング・グッドバイは村上春樹訳と清水俊二訳とかがある。

村上春樹訳の方しか読んでいないので、今度、清水訳の本も読んで見よう。

 

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))

  • 作者: レイモンド・チャンドラー,清水俊二
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1976/04
  • メディア: 文庫
  • 購入: 11人 クリック: 89回
  • この商品を含むブログ (217件) を見る
 

 

3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― (ソリックブックス)

3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― (ソリックブックス)

  • 作者: 松原元信
  • 出版社/メーカー: ソリック
  • 発売日: 2010/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る
 

 3冊のロング・グッドバイを読むも面白そう。訳者によって翻訳も違うだろうし。

こんにちは。

maeです。

 

自分の会社は表参道にあり、この季節になると通り一面がきらびやかに輝きます。

通勤時嫌というほど目にするけど、全然嫌なことはないし、やっぱり綺麗だなって思う。

常にカメラを常備してる自分としてはいつでも撮ろうと思えば撮れるんだけど、イルミネーション撮影に興味はなかったので撮ってこなかった。

正確にいうと、過去毎年やっているのですでに過去撮った事あるしという思いもある。

 

写真を撮ることが好きな人は、その季節に合わせて撮ったりするので今の時期はまさにイルミネーションがフォトシーズン。

 

だけど自分はそういう撮り方をあまりしないので関心もなければ、今年は撮らないだろうなって漠然と思っていた。だって、だいたいイメージ出来るもんね。どんなものがどういう風に写るか。誰が撮ってもやっぱりこう写るよねみたいな。

 

そんなひねくれた事を思っていた。

 

そしてごめんなさい。行きました。

 

最近ちょくちょく参加させてもらってるカメラ仲間の集まりに合流して撮りました。

自分の路線ってのはあるんだけど、あえて他の人の路線に乗っかるってのも為になるかななんて。とはいえ想像通り誰が撮っても同じようなものしか撮れなかった。

 

f:id:hibi-mae:20161220151221j:plain

 

f:id:hibi-mae:20161220151902j:plain

 

f:id:hibi-mae:20161220151916j:plain

 

もう少しでクリスマス。

特に何があるわけでもないし、共に過ごす相手もいないけど、

世の中が浮足立っているこの感じ、結構好きです。

ロンドンのパルが日本に来る前に小包2つに手紙を送ってくれたらしい。

その手紙を今日、発見した。

多分、昨日には郵便受けに入っていただろうけれど、気づかず

朝刊とともに今朝発見。

面白かった新聞記事交換しよう~と私が前に彼女に持ちかけた。

ちょっとしたコラムを読むのが好きなのよ~と彼女に話したけれど

私はすっかり忘れていた。

彼女の手紙と一緒に大量の新聞記事が送られてきて、

あっ!!と思い出す…。

面白そうな記事が各種ある中で、一番最初に読んだのがコレ。

タイムリー!!

”hen party"とは女性たちの独身お別れパーティーで

イギリスやアイルランドではこう言われる。

アメリカやカナダでは”Bachelorette party”。

花婿が友人たちとする独身最後のお別れパーティーは”bachelor party”。

そして、この記事の見出しは”We pity the groom!"(花婿に同情する)。

メリッサは彼女の独身最後のパーティーを高級レストランでしたけれど、

いまいちだったわ~な内容をfacebookに投稿したところ、

レストランから”今までになく最低の客だった。二度と来ないことを願う”と

返信があったというもの。

その返信内容が”二度と低い階級の人たちによる独身最後のパーティーなんて

予約は受けない”というような怒りに満ちた侮蔑表現がレストラン側からあった。

そういわれるほどの落ち度があったのか、というと、

「1時間ほど遅刻」。

そーんなに怒らなくても…と正直、思ってしまったのだけれど

遅刻しといて、ネガティブなレビューを載せるなんて!というレストランの怒りも

まぁ…わからなくもないような、それにしても言いすぎのような。。。

日本人の私からすると、レストランがやりすぎ感があるのだけれど、

イギリス人の彼女はどう思ったの?とロンドンのパルに聞いてみた。

I think that it was wrong for the restaurnt to post it.

But also the party was rude too!

(レストランが投稿したのは悪かった。

でも、そのパーティーも失礼だったわね。)

という至極真っ当な意見だった。

この記事で、私が「どういう意味?」と調べて、へぇ~!!と思ったのが

"The chaviest"という単語。

初目、初耳。最上級になってますが、元はchav?と調べると出てきた、

日本語で言うところの「ヤンキー」「ごろつき」

といった感じの言葉ではあったけれど、

イギリスの階級社会を垣間見たイギリスらしい単語のような気がした。

ロンドンのパルから”chav"という単語を聞いたことはないけれど

"toff"という単語を聞いたことがある。

chavが労働階級のヤンキー、という意味合いで、

toffは上流階級の方々、という意味。

彼女がtoffを使ったときの話の流れでは、

「まぁ、上流階級の方々にはどうせわからないだろうけれど~」という

侮蔑表現がそのときの会話には含まれていて、

「さすが階級社会!」と感心したのを覚えている。

ほかにも興味深い記事をいろいろと送ってくれたので、

楽しみつつ、一緒に送ってくれたというチョコレートの到着を待とうっと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

こんばんは!

ちょっと時間が空いたので、昨日更新すると言って更新しなかった

勉強時間を更新しときます。

 

まず、ひとつ。

土曜日は私、勉強する予定の日ではないのです。

けど、今週は浮上しなかった日があるので、少ししました。

その記録です。

 

あ、自分では時間つけてないので、StudyPlusからです(なんかステマみたいw)。

数的処理 56分

ミクロ経済学 26分

民法Ⅰ(まる生) 32分

でした!

いや、あんまりしてないね!

けど、起きたの3時過ぎだから十分じゃないかなぁと勝手に思っています。

ちなみに、計1時間55分でした。

あと5分してたら2時間だったのに!

 

まだ、時間がありますが、この辺で。

今日の勉強時間は夜(もう夜だよ)更新します。

ちゃお!

Lead the Blindのライヴで関西行きます! 2011年3月28日(月) 大阪RUIDO OSAKA RUIDO presents (((((重低音のチカラ))))) vs NoA/DAIZY BLUE/messiah/Resolute Blaze 開場 18:00   開演 18:30 前売 ¥2,000  当日¥2,500 (D別) ------------------------------------------- 2011年3月29日(火) 神戸VARIT. 「FRONT LINE vol.45」 vs SMITH&WESSOИ/藍色参号 開場 18:00   開演 18:30 前売 ¥2,000  当日¥2,500 (D別) 皆様からいただいたチケット代の一部、物販でのグッズやCDの売上げの全てを被災地に義援金として送らせていただきます。 との事ですので是非皆様お越し下さい!

するっ茶でダイエットしませんか?

あの鈴木亜美もオススメです!

 

なんと今なら、無料(送料500円のみかかります)でお試しできます!

・痩せて自信を取り戻したい

・カロリーコントロールをしたい

・服がキツくなった…

・食生活を改善したい

 

そんなあなたにオススメです!

飲み方も簡単ですよ。

電話はかなりつながりづらいので、メールがオススメ!

なんと、94%が満足しています!

初回500円で始められるので、まずはお気軽におためしください!!
続けられるらくらくダイエットは、するっ茶です!

 

口コミ情報

20代女性

今まで運動や食事制限をしましたが、なかなか効果がありませんでした。違う方法を探していたところ、するっ茶を見つけました。半信半疑で試してみたところ、ホントに調子がいいです!大満足です。飲み方も楽です。ありがとうございます。これからも愛用します。

 

40代女性

以前はけっこう体を動かしていたので、痩せていたんですが、最近運動しなくなってから太り気味で…。試しにするっ茶を飲んでみると、「少しシュっとした?」言われました!とてもうれしいです。飲み方も簡単でいいですね。

 

30代女性

友達と海に行く予定をしてから、体型が気になりだしました(笑)なんとか痩せようとするっ茶を飲んで運動をしてからは、体の調子がいいです!ありがとうございました。

鈴木亜美さんオススメの飲んでダイエット「するっ茶」です。 味も美味しく、低カロリーです(健康食品なので、高カロリーなはずないですね(笑))。飲み方も楽なので、簡単に続けられます。

 

 

 

 

 

週末の出来事

2018/04/09

◯土曜日

後輩の家で飲み会な日。

お土産に富良野ビンテージを持って行きつつ、久々の人たちとあーでもないこーでもない話したり、「Yes! We are!!」と叫んだり、「僕と契約・・・した??」がツボったりしてました。

相変わらずな感じで、とっても楽しい時間を過ごすことが出来て満足です。

その他、HORIのコントローラはともかく、プロジェクタが欲しくなった。そんな一日。

◯日曜日

今日は選挙な日。

昨日、富良野ビンテージ(350mlx12本)を持っていった関係で、左腕が筋肉痛でした。オレもっと鍛えろという感じです。

そんな感じで夕方クリープを買いに行こうと思って、そのついでに投票したきたわけですが、投票完了の時点で達成感を感じてしまったのか、クリープ買ってくるのを忘れてしまった。お陰で家でコーヒーが入れられないです。(ドトールのコーヒーはブラックで飲むくせに、家のコーヒーはクリープ+砂糖が無いと飲めないものでね)

あと、家の近くの畑で堆肥をまいていたようで、家を出た瞬間、独特の匂いがしてました。

夜は選挙速報を見たり、パワプロやったり。
民主党の惨敗っぷりと自民党の当選っぷりが凄いですね。まあ予想された出来事だと思いますが、自民党がスゲェじゃなくて、民主党が(ヾノ・∀・`)ナイナイ過ぎたんでしょうね、きっと。

それにしても、選挙と一緒に最高裁判所裁判官国民審査も一緒に行った訳ですけど、裁判官を知らないので判断基準がよくわからないです。34歳がそういうのじゃダメなんかも知れないけど、何を持って判断していいかを教えて欲しいなぁと思うわけです。

では。