まず、自分の髭剃りのやり方を書いておきますね。

自分は髭の成長が早くて、さらに髭が太いので2段階の髭剃りをしています。

 

まず、フィリップスの電気シェーバーで、髭を短くする(理由は、フィリップスの電気シェーバーで髭を剃ると、髭が長くても全然痛みが出ないから)

仕上げに、シックハイドロのカミソリで髭を剃る(使っているフィリップスの電気シェーバーが安物なので、深剃りができない。)。

 

まあ、このやり方で上手くいっていたんですが、最近、髭剃りの時の痛みが酷くなったことに気づいた。

さらに、シックハイドロの刃を変えても、かなり髭が残っている。

おかしいなぁと思いながら、ふと思い出した。

 

 

最近、髭剃りのシェービングクリームを変えたことを・・・。

今までは「シック ハイドロ シェービングジェル 」を使ってたが、最近、「メンズビオレ 泡タイプ洗顔」に変えたのだ。

 

変えた理由は、洗顔と髭剃りが同時にできるから。

まず、洗顔をして、髭剃り用のシェービングジェルを付けて髭剃りして洗い流す、

だったのが、

洗顔の為にメンズビオレを付けて、そのまま髭剃りをして、洗顔すれば楽になる、

と思ってメンズビオレを髭剃りに投入したのだ。

 

結果的にこの選択は間違いだった。

 

理由は簡単。

このメンズビオレには、髭をやわらかくする成分が入っていないから。

普通の髭剃り用のシェービングジェルには、髭を柔らかくして、髭を剃りやすくし、さらに髭剃りの時の痛みを減らす成分が入っている。

ところが、メンズビオレには入っていない。

メンズビオレの表にも裏にも、髭を柔らかくするとは書いていない。

 

メンズビオレの裏側と裏側を拡大したもの。

何処にも髭を柔らかくすると書いていない。

 

 

 

 

シックハイドロ、シェービングジェルの商品説明文。

髭を柔らかくする、とはっきり書いてある。

 

 

 

 

 

髭が薄い人には、それでも大丈夫だろうが、自分のような髭が濃い人間には全く向いていないのがメンズビオレだった。

自分が使っているのはシックハイドロだが、ジレットやフェザー(貝印)を使っている人でも髭が濃い人は、商品説明文に髭が柔らかくする成分が入ったものを買ったほうが良いと思う。

 

 

結局、今日の朝からシック ハイドロ シェービングジェルで髭を剃っています。

髭剃りの時の痛みも少なく、髭も剃りやすくなりました

 

 

シックハイドロ シェービングジェル

メンズビオレ 洗顔用

フィリップスの電気シェーバー