エイジングサプリメントに興味がある方もそうでない方も、老化が気にならない方はいないでしょう。そこで、エイジングに効果がある成分のサプリメントをご紹介します。

 

エイジングサプリメントって何?

 

エイジングサプリメントとは、老化を少しでも食い止めようという目的のために作られたサプリメントのことです。

 

老化がなぜ起こるか、それは活性酸素が大きな影響を及ぼしているのですが、活性酸素を除去する、または、活発化させないのがエイジングサプリメントの役割です。

 

活性酸素の除去に効果的な栄養分はたくさんあります。

 

ポリフェノール

 

ポリフェノールとは、ぶどうやカカオなどの植物に含まれている成分で、植物が光合成をしているのが大いに関係しているそうです。

抗ストレス、動脈硬化予防、高血圧予防の効果などがあると言われています。

 

ポリフェノールを使ったサプリメントもたくさん販売されていますね。

目の老化や疲労回復に良いとして売られている製品も多いです。

 

コエンザイム

 

コエンザイムは動物や人の体内に含まれている動物性・脂溶性の成分です。

コエンザイムがなぜ体に良いのかと言うと、酵素を助ける働きや、活性酸素を除去する働きがあるからです。

 

ここでもまた活性酸素という言葉が出てきましたね。

アンチエイジングには、活性酸素の除去と言うのが外せないキーワードとも言えます。

 

ただ、こういったポリフェノールやコエンザイムを取ると必ず体にとって良い効果があるのかというと、それは断言できません。

 

あるサプリメントには、コエンザイム以外の元気が出る成分が添加されていて、どうもそのおかげで元気が出た気になるのではないかという話もありました。

 

プラセンタ

 

アンチエイジングサプリとして忘れてはいけないのがプラセンタです。

プラセンタはもう40年以上も医療現場で使われていたことからも効果があることが証明されていると言えます。

 

もちろん、人によって、効果がある、無いと結果は分かれますが、それでも他のサプリメントの成分に比べると、効果を実感できる確率は高いのではないでしょうか。

 

ということで、アンチエイジングのベストサプリメントはプラセンタだというのが私の結論です。